5分で家さえも売れる究極の「話術」とは?

先日「暗号通貨市場が1000億ドル突破」というニュースに対して、メタップスの佐藤氏が「この5年で金融の常識は跡形もなく崩壊するだろう」とツイートされていました。

「10年後の金融状況を想像し、そこから今を振り返ってみた時にどういう動きをしておくべきか?」これを考える必要があるなぁと。恐らく、この先5~10年は「大きな変革」が繰り返される。そういう時代になると思うんですね。

たとえば、コミュニケーションの取り方1つとっても、手紙がメールに変わり、メールがLINEに変わりました。

でも、もしかすると「10年後は全く違う形」になっているかもしれませんし、その可能性はかなり高いと思います。

・自動運転
・AI
・コンビニの自動化

こういった大きな変革も、近い将来、生活の一部になっていそうです。

そういった予想される未来を想像して「じゃあ今どうすればいいか?」を考えるのはけっこう楽しいですし、僕自身いろいろな情報を集めることが、ほとんど日課のようになっています。

さて、今日は、5分あれば不動産すら売れる!『究極の話術』とは?というお話をします。

もう今日のテーマは、読んで字のごとく「売る真髄」です。ネットビジネスに限らず、何かしらの「商売」に携わっている方は必ずご覧になってくださいね。

あの人の登場です(笑)

ジャパネット・高田明氏、“買い物に興味がない私”が会得した「売る極意」

この人なら確かに不動産でも土地でもなんでも、5分あれば売れると思います(笑)。ジャパネットで有名な高田さんのお話です。

要約すると、

  • 高齢化、人口減でも日本市場は終わらない
  • 商品ではなく、楽しさを売る
  • 「売れない商品」などない
  • 人は“思った通り”になる

と、高田さんは言っています。この一言一言が、まさに珠玉のコピーみたいですね。僕も、うんうんとうなずきながらこれを読みました。

誰だってそうなんですけど、商売をしていると「売れる商品は何か」そればかりを考えがちです。だから次々に新しい企画を出しますし、斬新なコピーを求めるんですね。けど、商売っていうのは、お客さんありきなんです。

むしろお客さんが全て

商品がどんなものでもいいって意味じゃないんですけど、ただ商品っていうのは、必ず誰かがいいものを作ろうと頑張って作ったものなので、それが悪いっていうのはまずあり得ないんですね。

だからもし何かが売れないとしたら、それはきっと「“売り方”に問題がある」そう高田さんも言っています。

つまりお客さんに対して

  • 感動を伝えられているか
  • 幸せを届けられているか

この2点なわけです。ジャパネットではスマホやタブレットとかが、高齢者から大人気だったそうです。ふつうは若者が買うって考えちゃいますよね?でもジャパネットでは違ったんです。

それは、スマホやタブレットが高齢者の生活の不便を解消できるという「感動」、スマホやタブレットのおかげで手に入る「幸せ」、これをジャパネットがしっかりと伝え、感じさせることができたから。それに尽きるんですね。

商売人は何でも売れる

たとえば凄腕の商売人は、河原に落ちている、ただの石ころでも高値で売れると言います。

なぜかと言うと、その商人はただの石ころが

  • お客さんの生活を豊かにして
  • お客さんの毎日を幸せにすると

ちゃんと伝えられるからなんですね。

しかもそれは嘘でもはったりでもなくて、本当のことなんです。これはお客さんと日々、向き合う商売人だからこそできる強力な武器です。

僕たちだって、日々お客さんのことを考え、どうすれば

  • お客さんを感動させられるか
  • お客さんを幸せにできるか

それを考えて商品やサービスを作ったりコピーを考えたりしているわけです。

でも、売れないことがある

もしそれで成果が出ていないのであればそれは間違いなくお客さんのことを考える量が足りていない。これに他なりません。それさえできれば、どんなものでも売れるんですから。

誰だって生活に満足している人はいません。毎日が幸せなんて人はいないんですね。何かしらの不便や、こうすれば幸せになるのに、と「不満」を多く抱えて生きています。

僕たちはそれを想像して、そういった困り事を解消できると、そう伝えてあげればいいだけなんです。「この商品にはそれができる価値がある」。そう高らかに宣言しましょう。

売れない商品があるのではなく、売れない売り方があるだけなんです。

なので、もっと人を見てください。不満や不便を考えてあげてください。それは直接でもいいですし、SNSとかでもいいんです。世の中は不満と不便に溢れているので、それをすくい取って救ってあげましょう。

自分なら、この商品なら、このサービスなら、あなたの生活をより便利に、より幸せにできる、と真剣に伝えてあげてください。

たったそれだけで、1億円のマンションでも10億円の土地でも、なんだって売ることが、あなたにも自然とできるようになりますよ。

今日の格言

生きている間には何かしら問題が出てきます。

これは自分をひとつ上に上げてくれるために

神さまが出してくれた階段。

by 斎藤一人

この記事を書いた人 畑岡 宏光

1971年12月20日、兵庫県神戸市生まれ。 有限会社自由人代表取締役。日本初の情報起業家。 とある政治家のネット戦略のコンサルタント。 伝説のネット起業家養成塾、畑岡塾・塾長。 ビジネスの本質をはずさないことを信条としており転売・アフィリエイト・情報販売・投資、全てにおいて大成功を修める、まさに日本におけるミリオネアメーカー。

同じテーマの記事

購読はこちらから
畑岡BLOG

My Voice

Profile

1971年12月20日、兵庫県神戸市生まれ。
有限会社自由人代表取締役。日本初の情報起業家。
とある政治家のネット戦略のコンサルタント。
伝説のネット起業家養成塾、畑岡塾・塾長。

ビジネスの本質をはずさないことを信条としており転売・アフィリエイト・情報販売・投資、全てにおいて大成功を修める、まさに日本におけるミリオネアメーカー。

MONTHLY ACCESS RANKING

運営事務局NEWS