注文をまちがえる料理店

さて今日は、「注文をまちがえる料理店」というお話をします。最近、世の中を見渡すと、どうにもネガティブな話題が多くて、なんだか見ているだけで気が滅入るニュースで溢れていますよね。

そういった中で、とても希望が持てて、それでいて人間の可能性を感じさせる話題があったので、それについて話したいと思います。“人間の強さ”“人間の美しさ”を感じられる内容なので、ぜひ読んでほしいなと思います。

これは本当に驚きましたし、どこかほっとするような温かな安心を感じました。あなたにもぜひ一度読んで欲しいです。

ユニークで温かい、そんな素敵なレストラン

認知症の人たちが働く「注文をまちがえる料理店」のプレオープン大成功

認知症を患った人々が働く、風変わりなレストランが都内にあると、今とても話題になっているようです。

その名も「注文をまちがえる料理店」。このネーミングがとてもユニークなのですが、その内容もユニークで“注文した料理と違うものが出てくる”なんてこともあるそうです。

これが普通ならお客さんは怒ると思うんですけど、認知症の人たちが頑張っているので、それもすんなり受け入れられるというか、笑って過ごせるんですよね。

これ、本当に僕は感動しました。“ミスを怒らない”って本当にすごいことだと思いません?

普通だったらミスがあったら、怒ったり気分を悪くしたりするものだと思うんですけど、認知症の人たちのおかげで、そんなのも笑い飛ばせるような“人間の優しさ、美しさ”がここにあると思うんです。

あとは希望

認知症の人にとっては自分が認められて、働ける場所があるって、本当に希望だと思います。認知症が良いとか悪いとかそういうことではなくて、悩みを持っている人がいて、それを解決できる場がちゃんとある。それが本当に素晴らしいなと思います。

結局何が伝えたいのかというと「困っている人の解決の場をつくる」。これこそがビジネスの本質なんだってことなんです。

「注文をまちがえる料理店」僕も行こうと思います。きっと、人間の優しさがたくさん詰まった、笑顔あふれる空間なんだろうなぁ。今からすごく楽しみです。

今日の格言

神さまに質問されるんですよ

おまえさん何のために生きているのかって

何か答えたいんだなあ

by 佐々木剛

この記事を書いた人 畑岡 宏光

1971年12月20日、兵庫県神戸市生まれ。 有限会社自由人代表取締役。日本初の情報起業家。 とある政治家のネット戦略のコンサルタント。 伝説のネット起業家養成塾、畑岡塾・塾長。 ビジネスの本質をはずさないことを信条としており転売・アフィリエイト・情報販売・投資、全てにおいて大成功を修める、まさに日本におけるミリオネアメーカー。

同じテーマの記事

購読はこちらから
畑岡BLOG

My Voice

Profile

1971年12月20日、兵庫県神戸市生まれ。
有限会社自由人代表取締役。日本初の情報起業家。
とある政治家のネット戦略のコンサルタント。
伝説のネット起業家養成塾、畑岡塾・塾長。

ビジネスの本質をはずさないことを信条としており転売・アフィリエイト・情報販売・投資、全てにおいて大成功を修める、まさに日本におけるミリオネアメーカー。

MONTHLY ACCESS RANKING

運営事務局NEWS