売上を急上昇させる「空気づくり」とは?

最近、ある2つのことがとても気になっています。その2つが以下です。

哺乳類はみんな「おしっこ21秒」の不思議

ビル・ゲイツを筆頭に著名人が行っている「5時間ルール」とは?

一見、まるで違うことのようなんですけど、どれも“時間”と“生物”に関係していて...、 なんだか生命の神秘や生物の規則性といった「何かしらの大きな力」のようなものを感じ、とても興味深いなーと。

さて、今日は売上を急上昇させる「空気づくり」とは? というお話をします。

商品やサービスが「勝手に」売れていったら・・・。そんな素敵な光景をアナタも一度は想像したことがありませんか?

あるいは、そうなって欲しいとか、そういう状況を作りたいとか、そんな願望を持つ方も多いと思います。今日のお話は、その夢のような状況を作るためのおおきな「ヒント」が隠されていますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

「売れる空気」って漠然としてますよね

「売れる空気」はできているか? 世の中を動かす「戦略PR」の基本とは

2009年のベストセラー「戦略PR 世の中を動かす新しい6つの法則」の続編の紹介をしながら、戦略PRについて書かれた記事です。戦略PRがどういったものか、それを知るにはとても良い記事ですので、ぜひ読んでみてください。

もちろん、いつも通り要約もしますね(笑)。記事は大きく分けて、次のような内容が書いてあります。

・なぜ著者はこの本を出そうと思ったか
・戦略とは空気づくり
・そもそもPRとは何か
・PRは「ステマ」なのか?

各テーマごとに例や本に書かれている言葉を引用して、ちょっとした説明がされています。たとえば「戦略とは空気づくり」というテーマでは、赤ちゃんのオムツのPRについてその成功例が書かれています。「PRとは何か」という項では

・「関係性の明示」の視点
・「編集権の所在」の視点

といった2つの視点について、本に書かれている言葉を紹介。ちなみに、今回僕が特に関心を持ったのは、オムツのPRを例に書かれている「戦略とは空気づくり」というもの。

ここではインターネットが普及する中で「企業による「自分主体」の発信が報道や口コミの影響力に劣り始めている」という話がされています。

つまり「企業が主語」ばかりになるとダメで、「第三者話法」を取り入れる必要があるということです。これはこのメルマガでも僕自身が何度も言ってきたことで、やはり、「顧客視点」が大切ということかなと。

何かをPRするとき、ついその商品の良さやその商品ができるまでの苦労話などが強く訴えられがちですが...、今の時代はそれではいけないんですね。

まずは情報と口コミ

たとえば、その商品の良さが、消費者にとってどのような価値を生むのか、それを買うとどのように生活が良くなるのか、こういったことが適切に伝えられないと、PRとしての影響力はずっと弱いものになります。

だからこそ、「消費者に情報を届けることを前提にした」報道や口コミがその影響力を強めています。つまり、買うための空気が報道や口コミによって生まれるんですね。

実際に使う人のことや、使ってみた経験などが、情報として入ってくるのですから、ただ企業のアピールを聞くよりもずっと買いたいと思わせられるわけです。

空気がPRする時代

こういった意味で、使用感や使用するとどうなるか、といった買いたくなる「空気」を作ることがPRでは大切な時代になってきました。

たとえば、セミナーのPRなどにも同じことが言えると思うんですけど、作り手がどれだけそのセミナーに価値があると言ったところで、それを受講するとどんな自分になれるか、といったことを伝えるPRよりは集客や成果が出ないんですね。

作り手は、それを作るために苦労しているかもしれませんが、買い手からすれば、作り手の苦労は極端な話「どうでもいい」わけで。買い手にとってはそのセミナーの受講後に

・いったい自分はどうなれるのか
・どんな良いことがあるのか

これこそが知りたいことで、この情報がないことには判断のしようがないわけです。なので、もし自分の商品やサービスが努力の甲斐なく売れないときは、「買い手にとって」どんなメリットがあるのか

そういったことを、ちゃんと感じさせられているのかを改めて見直してみてください。

なにかを売るときに「買い手目線で」情報を発信をしていく。たったこれだけで、アナタの商品やサービスはグンッと売れるようになるはずです。

今日の格言

人生の勝負は

自分という

たった一人の

相手に勝てばいい

by 弘兼憲史

この記事を書いた人 畑岡 宏光

1971年12月20日、兵庫県神戸市生まれ。 有限会社自由人代表取締役。日本初の情報起業家。 とある政治家のネット戦略のコンサルタント。 伝説のネット起業家養成塾、畑岡塾・塾長。 ビジネスの本質をはずさないことを信条としており転売・アフィリエイト・情報販売・投資、全てにおいて大成功を修める、まさに日本におけるミリオネアメーカー。

同じテーマの記事

購読はこちらから
畑岡BLOG

My Voice

Profile

1971年12月20日、兵庫県神戸市生まれ。
有限会社自由人代表取締役。日本初の情報起業家。
とある政治家のネット戦略のコンサルタント。
伝説のネット起業家養成塾、畑岡塾・塾長。

ビジネスの本質をはずさないことを信条としており転売・アフィリエイト・情報販売・投資、全てにおいて大成功を修める、まさに日本におけるミリオネアメーカー。

MONTHLY ACCESS RANKING

運営事務局NEWS