長く、継続して、ずっと稼ぎ続けるには?

2017.05.10

僕たちの業界って人間関係がある程度自由です。だから、嫌なことを言って嫌われると、途端に「商売の幅」が狭まってしまいます。

まあ僕たちの業界に限らずこういうことって実際にあって、たとえば田舎なんかだと商売では利益よりも「人間性」が重要視されたりすることも多いです。

だからうまくいっている人って人間的に魅力がある人が多かったり。テレビや新聞とかでも上手くいっている経営者はたいてい「いい人」として紹介されます。

これも嫌な人だと思われると「商売の幅」が狭くなるから(勿論、本当に人間として素晴らしい方なんだと思います)。そういった人たちは僕も見習わないといけないなーと。

さて、今日は、継続して、ずっと稼ぎ続けるには? というお話をします。

もし、今は稼げているけどこの先も生き残れるか不安があるという人や、長く生き残っていく秘訣を知って将来の不安を消したいという人は、ぜひ最後までお読みくださいね。

成功の条件・失敗の条件

まずはこれを。

成功する著者2パターンと、失敗する著者の16条件【編集者、書店員のホンネ】

僕たちにもいくらか関係しそうな話題で興味深い内容が書いてあります。要約しますね。

出版社の書籍編集者と販売担当者、書店員や出版プロデューサーといった、出版にたずさわる「プロ」たちが「成功する著者と失敗する著者の違い」について話し合い、そこで出された意見をもとに、

  • どういう著者が成功して
  • どういう著者が失敗するか

その特徴が書かれています。

その内容として、様々な特徴があげられているのですが大きいところとしては、

  • 社会的なインパクトを与えること
  • 継続して名前を出していること
  • 編集者としっかりと協力すること

この3点が目立っています。これだけを読むと僕たちのようなコピーライティングやインターネットビジネスには、少し関係ないかも? と感じるかもしれません。

けれど、僕がこれまで見てきた多くの生徒の人たちの特徴と合わせてちょっと考えてみると、「長く生き残る」ってことだけで見れば凄く納得できる点もあります。

インパクト・継続・協力

例えば、インターネットビジネスもやっぱり、

  • 瞬間的に稼いで終わる人
  • 長く稼ぎ続けられる人

に分かれるんですね。もちろん、瞬間的に稼いで終わる人の中には「もう稼がなくてもいいくらい稼いで」だから稼ぐのを止めたって人もいます(笑)。けれど、それは極稀な例であってたいていの人は「長く稼ぎ続けたい」と思うわけです。

そうすると、

  • 社会的なインパクトを与えること
  • 継続して名前を出していること
  • 編集者としっかりと協力すること

こういったことは、やっぱり大切になってくるんですね。

社会的なインパクトを与えるというのは、一度こういうことをすると人が自分のところに勝手に集まってくるという面でその後の稼ぎをすごく安定させてくれます。僕自体がそうですし、今の日本の大手企業なんていうのは、大半がこれですね。

トヨタやソニーなんかは自動車や電子機器などの「高い技術」で昔に大きな社会的インパクトを与えて、今でも期待や信頼を集めているわけです。

インターネットビジネスだとFacebook やTwitter 、Amazon やGoogle といった企業。こういったところがその例かもしれません。

一度でも社会的インパクトを与えると富や名声、人といったものが、勝手に集まってくるようになるんです。もちろん過去の栄光が大きすぎて、その後ふるわないと評価も長続きはしません。

だから、そういった企業やビジネスはとにかく新しい商品やサービスを出し続けるわけです。継続して名前を出すのは勝手に集まってくる人を自分から引き離さないためということです。

これは、ブログやメルマガでも、同じことが言えますね。継続していないと、読者が離れていってしまいます。

そして、編集者と協力するということ。あなたも一度くらい感じたことがあると思うんですけど、やっぱり一人だと限界があるんですね。

僕がいつも言っている仕組み化もそうですし、セミナーや塾のようなことをしているのも、そのためです。長く稼ぎ続けるには、どうしたところで、他人の力を信じることも大切なんです。

一人だと、稼ぎ続けるには、限界があります。このように、長く稼ぎ続けるためには、ちょっとした要素があります。

とにかくこの3つ!

なので、もし、長く稼ぎ続けられるか不安でしかたないとか、自分にはその力がないんじゃないかとか、将来に不安を感じるときは、

  • 社会的なインパクト
  • 継続
  • 第三者との協力

このようなちょっとしたことを気にかけてみてくださいね。アナタがやることをキッチリやっているにもかかわらず「長く稼ぎ続けられない」なんてことは決してないはずですので。

今日の格言

今は無いものについて
考えるときではない

「今あるもの」で
何ができるかを
考えるときである

by ヘミングウェイ

この記事を書いた人 畑岡 宏光

1971年12月20日、兵庫県神戸市生まれ。 有限会社自由人代表取締役。日本初の情報起業家。 とある政治家のネット戦略のコンサルタント。 伝説のネット起業家養成塾、畑岡塾・塾長。 ビジネスの本質をはずさないことを信条としており転売・アフィリエイト・情報販売・投資、全てにおいて大成功を修める、まさに日本におけるミリオネアメーカー。

同じテーマの記事

購読はこちらから
畑岡BLOG

My Voice

Profile

1971年12月20日、兵庫県神戸市生まれ。
有限会社自由人代表取締役。日本初の情報起業家。
とある政治家のネット戦略のコンサルタント。
伝説のネット起業家養成塾、畑岡塾・塾長。

ビジネスの本質をはずさないことを信条としており転売・アフィリエイト・情報販売・投資、全てにおいて大成功を修める、まさに日本におけるミリオネアメーカー。

MONTHLY ACCESS RANKING

運営事務局NEWS