タスクを気持ちよく片づけるオススメtodoリストアプリ5選

やることがたくさんあると、ついつい期限を過ぎてしまったり、取り組むのを忘れてしまったりすることがあります。確実にタスクをこなすためには、todoリストアプリの活用がオススメです。

todoリストアプリには、機能が豊富なものや手軽に使えるものなど様々な種類があり、一体どれを使ってよいか迷うかもしれません。それでは、タスクを快適に片づけられるオススメtodoリストアプリを5つご紹介します。

1. Wunderlist

iPhone、Android対応

  • 手軽に使えるtodoリストアプリ
  • アカウント設定にはMicrosoftやGoogleのアカウントが利用可

最初にご紹介するのが、手軽な操作が魅力のWunderlistです。「ToDoを追加」という部分からすぐにタスクを追加できます。やり終えたタスクにはチェックを付ければ完了となります。

やることが多くなってくると、todoリストを作るだけでも大きな負担になりかねません。Wunderlistなら自宅や職場、外出先など、いつでもどこでもやることができたタイミングでタスク設定が可能です。タスクを簡単に分類する機能も備わっているので、メールボックスを分けるような感覚でタスクを分類しておけば、より手軽にタスクをチェックできます。

さらに、Wunderlistではアカウント設定に利用できるのがGoogleアカウントだけではありません。MicrosoftやFacebookのアカウント、メールアドレスも利用できるのです。新しいアプリを使うのに新たなメールアドレスやアカウントを作るのが面倒、という人も、Wunderlistならすぐに使い始めることができます。

Wunderlistはこちら

2. Todoist

iPhone、Android対応

  • Googleカレンダーとの連携が可能
  • ポイント機能が付いているので楽しくタスクをこなせる
  • PCでも利用可

TodoistはGoogleカレンダーとの連携が可能です。すでにGoogleカレンダーを利用している人なら、新たにタスクを登録し直さなくてもスムーズにTodoistを使い始めることができます。また、タスク入力が面倒、という人も、Googleカレンダーに予定を入力するだけでtodoリスト作成を進めることができます。

さらに、Todoistの大きな魅力は、タスクの設定や完了を楽しめるポイント機能です。「カルマ」と呼ばれるポイント機能では、自分が設定したタスクに対してポイント設定をすることができます。ポイントを貯めるのが好き、という人は、楽しみながらタスクをこなせるチャンスです。

やることをついついためてしまいがちなら、Todoistを使って遊び感覚でタスクをこなしていきましょう。

スマホは一応持っているけれど、できればパソコンを優先して使いたい、という人にもTodoistはオススメです。というのも、Todoistはパソコンからもアクセスできるからです。週の初めにタスクをまとめて登録する際などにパソコンを利用できるメリットがあります。

Todoistは利用者が便利かつ楽しくタスクをこなすうえで役立ちます。タスク処理を苦痛に感じている人は一度試してみる価値があります。

Todoistはこちら

3. Lifebear

iPhone、Android対応

  • カレンダー形式でタスク確認が可能
  • 丁寧な使い方説明も魅力

Lifebearは、カレンダー形式でタスク確認ができます。アプリ内にカレンダーが存在するので、別アプリとの連携は不要です。タスクを登録して期限を設定しても、今日の日付を勘違いしてしまうと、結局期限通りにタスクをこなせません。Lifebearなら登録したタスクをカレンダーでも確認できるので、タスクの見落としや期限の勘違いを防ぐことができます。

さらに、国産アプリらしく、使い方についての説明も丁寧に記載されています。新しく使い始めるアプリは、使い方に不安を覚えることもあるはずです。Lifebearならtodoリストアプリを初めて使う人でも安心してタスクの登録や消化ができます。外国発のアプリは安全性が心配、という人もLifebearなら利用しやすいです。

Lifebearはこちら

4. Any.do

iPhone、Android対応

  • 音声認識でラクラク入力
  • タスクの期限変更もスムーズ

Any.doの最大の魅力は、音声入力に対応していることです。タスクをこなすのが苦手な人は、そもそもtodoリストを作ること自体、面倒に感じがちです。いちいち入力する作業をするくらいなら、タスクをこなしていきたい、と考えるのももっともです。

しかし、Any.doなら入力が苦手、あるいは面倒という人でも、音声入力で手軽にtodoリストを作成できます。自宅など、タスクを読み上げることが可能な場所でtodoリストを作るなら、Any.doが便利です。

タスクを設定したものの、都合によっては期限を変更したいことがあるはずです。Any.doではタスクの期限変更もスムーズに行えます。タスクの完了処理などと同じ画面で行えるので、操作に迷うこともありません。少ない画面数でtodoリストの操作を完了させたいなら、Any.doが活躍してくれます。

Any.do iPhone版はこちら
Any.do Android版はこちら
(スマホからアクセスしてください)

5. Deka Todo

iPhoneのみ対応

  • 大きな文字表示が魅力
  • アカウント設定ナシで利用できる
  • カテゴリ分類も可能

Deka Todoはその名の通り、大きな文字でタスクを表示させることができます。アプリ起動時に重要なタスクが画面に大きく表示されるので、タスクの処理を忘れるリスクを下げることができるのです。

また、面倒なアカウント設定をせずに利用できる点も、Deka Todoの魅力です。スマホアプリは使っていても、GoogleやMicrosoftなどのアカウントは持っていない、という人はチェックする価値アリです。

さらに、Deka Todoではタスクをカテゴリ別に分類することができます。仕事とプライベートなど、複数のtodoリストを1つのアプリで管理したい人にもオススメです。手帳にカレンダー、アプリなどタスク管理が分散してしまっているならDeka Todoに一本化して作業効率を上げられます。

DekaTodo iPhone版はこちら

まとめ

todoリストアプリを5つご紹介しました。それぞれのアプリに文字の大きさやタスクの入力・処理の手軽さなど、様々なメリットがあります。自分が求める特長を備えたtodoリストアプリを選んでみましょう。

どのアプリも使い始めるハードルは高くありません。どれを選ぶか迷ったときは、とりあえず1つのアプリをダウンロードして使い始めると良いです。タスクをより効率よくこなす上で役立つアプリに出会えば、気持ちよくタスクを片付けることができます。

この記事を書いた人 NBSプロフェッショナルチーム

「NBSプロフェッショナルチーム」とは畑岡宏光監修のネットビジネス精鋭チームです。ありとあらゆるジャンルのネットビジネスのプロから最新の情報を仕入れ、実践し、結果が出たものだけを厳選して、初心者から上級者まで分かりやすく丁寧にあなたにお届けし続けていきます!

同じテーマの記事

購読はこちらから
畑岡BLOG

My Voice

Profile

1971年12月20日、兵庫県神戸市生まれ。
有限会社自由人代表取締役。日本初の情報起業家。
とある政治家のネット戦略のコンサルタント。
伝説のネット起業家養成塾、畑岡塾・塾長。

ビジネスの本質をはずさないことを信条としており転売・アフィリエイト・情報販売・投資、全てにおいて大成功を修める、まさに日本におけるミリオネアメーカー。

MONTHLY ACCESS RANKING

運営事務局NEWS