【初心者必見!】サルでもわかるネットビジネス用語集

2017.06.03

「ネットビジネスを始めようと思ったんだけど、専門用語だらけでわけがわからない!」「DRM とかASP とかSEO とかUSP とか、アルファベットの略称多すぎて混乱する!」「ネットビジネスのセミナー行ってみたら、専門用語知ってる前提で話が進んでいた」なんてことはありませんか?

どんな世界でも、その世界では知れ渡っている「常識」「基本用語」があります。ネットビジネス業界も例外ではありません。また、一般的な単語の中にも、ネットビジネス界では少し異なる意味で使われていることもあります。そこで今回はネットビジネス業界でよく使われている用語と、その意味を50音順にまとめてみました!

アクセス数

あなたのサイトに「訪れた人数」のことです。ただし、同じ人が2回訪れた場合は2人とカウントされるため、アクセス数=訪問者数ではありません。

ネットビジネスでは、このアクセス数と売上が深い関係にあります。アクセス数の1%の人が買うとすれば、100アクセスと1,000アクセスでは実に10倍の売上の差が出ます。「アクセス数をいかに多くするか」がサイトを使ったネットビジネスの生命線なのです。

アフィリエイト

他人の商品を宣伝し、売れた場合に手数料をもらうビジネスモデルのことです。ネットで行う歩合制の営業活動と考えるとイメージしやすいでしょうか。楽天やAmazon などの通販サイトの他、情報商材でも積極的に活用されています。

手数料の高さは商品によって千差万別ですが、情報商材の方が高くなりやすい傾向があります。元手や仕入れが不要なので、ネットビジネス初心者にも取り組みやすいビジネスです。

アメブロ

サイバーエージェント社が運営しているブログサービスです。各種無料ブログサービスの中でも、SNS に匹敵するほど交流系の機能が充実しています。

デザインは女性向けのものが豊富でユーザーも女性が多いため、セラピストやフラワーアレンジなど、女性をターゲットとしたビジネスの話をするのに向いています。デザインのカスタマイズが可能、検索上位に上がりやすい、Ameba 内のコミュニティサービスと繋げやすいなど、独自のメリットが多いです。

しかし、商業利用は禁止されているため、あまりにもビジネス色を前面に出すと削除されてしまうリスクもあります。

ASP

Application Service Provider、もしくはAffiliate Service Provider の略称ですが、ネットビジネスでは後者を指します。これはアフィリエイターと広告企業との間を仲介してくれる企業(サービス)のことです。

アフィリエイターはASP に登録し、自分専用のURL を発行してもらうことでアフィリエイトが可能になります。ASP によって物販に強いところ、情報商材専門のところ、美容系に強いところなど、様々な個性がありますので、自分に合ったところを探しましょう。

SEO

Search Engine Optimization の略で、検索エンジン最適化のことです。具体的にはgoogle やyahoo で検索したときに検索上位に表示されるための様々な取り組みのことを指します。

検索をしたときに出てくる順番は、人気順ではなく、google などの検索エンジンが独自に決めています。この基準をしっかり満たし、常に検索で上位表示されるようにすることでアクセス数が増え、広告が必要ないほどの大きな売上をあげることができるのです。

検索順位は常に変動するため、クリーンな方法から少々ブラックな方法まで、日々様々な上位表示のための対策が考え出されています。

オプト(オプトイン)

ランディングページやメルマガ登録フォームなどで、メルマガを送る許可をもらうことです。

かつてはネット上からかき集めたメールアドレスにメルマガを送ることが可能でしたが、法律の改正により、許可を取っていないメルアドにメルマガを送ることは違法となり、罰則が科されるようになりました。メルマガを送る際には必ず相手にオプトを取るようにしましょう。

コピーライティング

宣伝文の書き方のことです。言葉の力で人の心を動かし、「商品を購入しよう!」という気持ちにさせることが役割。コピーライティングの達人であれば、1枚のチラシ、1通のメールで数百万、億を稼ぐことも可能だといわれています。

ネットビジネスは最終的には文章を読ませる必要があるため、コピーライティングを知り、使いこなすことが必ず必要になります。勘違いされがちですが、コピーライティングに必要なのは嘘や過度の煽りではなく、「必要な人に、欲しい情報を、心に響く形で届けること」です。

コピーライティングには文章構成力、難しい言葉を分かりやすい言葉に言い換える力、思わず最後まで読みたくなるストーリー仕立てにする力、心理学面からのアプローチなど、様々なエッセンスが集まっています。

コミュニティ

「同士・同志の集まり」「同じ目的を持つ仲間」「共同体」のことです。最近のネットビジネスではfacebook グループなどを使い、コミュニティを作ることが定番となっています。

セミナー参加者のコミュニティ、同じサービスを受けている同士のコミュニティなどを作ることにより、参加者同士の交流が活発化するため、仲間意識が芽生え、モチベーションを保ちやすくなります。

コンサルティング

専門家として、相談に乗ったり指導することを指します。情報商材やセミナーとの違いは「個別の事例・状態に対応したアドバイスをすること」。メール・対面・skype など、形式は様々です。

ネットビジネスの世界では成功した人が自分の経験を活かしてコンサルティングを行っているケースが多いです。個別の事例、言いにくいことや相談しにくいことまできめ細かく話すことができ、対策が打てること、またコンサルティングを申し込む人はコアなファンが多いこと等から、高額商品として用意されていることが多いです。

サイト

web サイトのことです。インターネットで見られるページのことだと思っておけば間違いありません。

情報商材

主に、インターネット等を通じて売買される情報のことです。非常に幅が広く、アフィリエイトで稼ぐ方法などのノウハウ系からダイエットプログラム、特定の競技に強くなるための練習方法まで、ありとあらゆる情報が商品となります。

商品のタイプも電子書籍、音声、動画など様々です。基本的にデータの販売になるため、在庫や仕入れのリスクがないのが大きな特徴です。

初心者

ネットビジネス業界で必ず一回は耳にするNG ワードであり、事実上の「できない言い訳」です。自信がないときは「初心者だから」と思わず使ってしまいそうになりますが、ネットビジネスは人に商品を紹介したり、人に知識ややり方を教えることで稼ぐビジネスモデルです。

「初心者」は自分を稼げなくしてしまう呪いの言葉ですので、自分が情報発信する際には絶対に使わないようにしましょう。

スカイプ(Skype)

インターネット上で音声・ビデオ通話ができる無料通話サービスのことです。グループコンサルや打ち合わせなどに幅広く使われています。

音声だけの通話、顔を見ながらの通話ができるほか、会話中にSkype 上でデータを送りあったり、画面を共有することもできるのが魅力。また、スマートフォンやタブレットでも利用が可能です。

スパムメール

相手に許可を取らずに送る、いわゆる迷惑メールのことです。現在発信されているメールの90%以上が迷惑メールだと言われているほどに多くなっており、中にはウイルスを仕込んだ悪質なものもたくさんあります。

現在は多くのメールソフトに迷惑メールを自動で振り分ける機能がついていますが、メルマガも迷惑メール扱いにされてしまうことがあるため、注意が必要です。

セールスレター

商品を売るための文章です。厳密にはチラシや手紙スタイルの文章も含まれるのですが、ネットビジネスでは商品を販売するための宣伝用web ページのことを指すことが大半です。

ネットビジネスにおけるセールスレターの場合、購入を決断させるためにコピーライティングのテクニックを駆使した長文のスタイルが多いです。ただし、長いからセールスレターと決まっているわけではありません。あくまでも「読み終わった時点で、商品がほしくてたまらなくなる宣伝文」がセールスレターなのです。

有名なアフィリエイターや情報起業家のセールスレターには参考になるポイントがこれでもかとちりばめられているため、非常に参考になります。

せどり

転売の中でも、特に本についての転売を指します。せどりとは「本の背を見て買う」、つまり「背取り」から来ているといわれています。具体的にはブックオフなどで仕入れてAmazon で販売するなどのパターンがあります。

ソーシャルネットワーク(SNS)

Social Network Service の略称で、友人や知人、あるいは共通の趣味を持つ仲間とインターネット上で繋がるためのサービスのことを指します。具体的にはmixi やtwitter、facebook、LINE、Instagram などのことです。

コメントやメッセージをリアルタイムで気軽に送りあうことができるため、人との距離が縮めやすい、仲良くなりやすいなどの特徴があります。SNS によって集まっている人や使い方に特徴がありますので、上手く使い分けましょう。

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)

情報を受け取った相手(顧客)に「反応を起こさせる」宣伝方法のことです。イメージはTV ショッピング。宣伝を見て思わず申し込む、サンプル請求をする、詳しく知るためにメルマガを登録するなど、具体的な行動を起こさせることに重点を置いています。

現在のネットビジネスの宣伝方法はほぼ全てこのDRM を使っており、ネットビジネスにおけるコピーライティング、イコールDRM といってもいいほどです。

転売

一方から買った物を、他の人に売り渡すことです。販売と転売には「自分の所有物を売る」「買った物を売る」という点に違いがあり、卸売と転売には「メーカー及び卸から仕入れる」「他者から購入する」という違いがあります。

ネットビジネスにおける転売は地域限定品やイベント限定グッズなど、定価より高く売れるものを買ってきて利益を乗せて販売することが多いです。

テンプレート

雛形のことです。色んな場所で使える定番の流れやデザインを作ることで、作業時間を大幅に短縮することができます。例えば、ブログやwordpress 等ではデザインをテンプレート化したものが販売されており、使うことで手軽にデザインを変えることができます。

また、メルマガやブログのテンプレートを決めておくことで、必要な情報を逃さずに配信することができます。ただ、文章のテンプレートに関しては使いすぎるとマンネリ化してしまいますので注意してください。

ドメイン

ネット上の住所です。URL ならhttp:// の直後、メールアドレスなら@から後ろの部分を指します。レンタルサーバーが提供しているドメインの他、自分でお金を払って取得する独自ドメインがあります。

独自ドメインは、取得・運用し始めてから時間が経てば経つほど信頼性が高まるとされているため、ネットビジネスを長く続けたいならば独自ドメインを取ることが非常に重要です。

ノウハウコレクター

ネットビジネス業界で陥りがちな罠TOP3に入るのがノウハウコレクターです。その名の通り、「ノウハウをコレクションすること」に意識が向いてしまっている状態、またその状態になっている人のことを指します。

ネットビジネスは知識を得ることも大事ですが、何よりもそれを「実際に行動に移すこと」が成功の最短経路です。魅力的な商品に目移りする気持ちは分かりますが、買うことが目的にならないよう、気をつけてください。

PV

ページビューの略で、ページが表示された回数のことです。アクセス数との違いは「人数ではなく、回数をカウントする」という点。例えば、1人の人がサイト内の10ページを見て回った場合、アクセス数は1でPV 数は10になります。

ブレインダンプ

頭の中にある考えをすべて紙に書き出すアイデア出しの方法です。罫線などのない真っ白な紙に、とにかく書いていきます。ポイントは「頭で思う」のではなく「手で書く」こと。

一定の時間を決め、内容を吟味したり選んだりすることなく、とにかく手を動かして書き続けます。こうすることで頭の中がスッキリするだけでなく、普段は思考の奥底に隠れている思わぬアイデアが飛び出してくるようになります。

フロントエンド・バックエンド

商品販売の流れのひとつです。ネットビジネスにおいては特に「安い金額(もしくは無料)でたくさんの人に売る商品」をフロントエンド、「フロントエンドで買ってくれた人向けの高額商品」をバックエンドといいます。

例えば、フロントエンドで無料~数千円のセミナーを開催し、セミナー参加者に数万円~数十万円の講座を販売するなどの形式がよく使われています。基本的に、フロントエンドは赤字覚悟で広め、バックエンドで収益を得るというビジネスモデルとなっています。

マーケティング

どんな顧客がいるのか、どんな商品を求めているのか、いくらで販売すれば買いやすいのか、宣伝をどこですれば効果的かなど、販売にまつわる調査・分析・対策を行うことです。

ネットビジネス界では主にweb サイトのアクセス解析やFacebook のいいね数、メルマガ読者数と読者に向けて宣伝を打った時の反応数などをチェックすることなどを指します。「集客方法」というとイメージがつきやすいのではないでしょうか。

マインドセット

考え方の基本的な枠組みのことです。「できごと・ものごとに対しどう考え、どう行動するか」という指針であり、メルマガやブログを書くときに「どんな自分を表現するのか」の指針ともなります。

成功者と呼ばれる人は必ずこのマインドセットを重視しています。これは、望む未来、成功のための「目的・手段・実践」を決め、実行していくということであり、元からあった性格をねじまげる、矯正するという意味ではありませんので注意してください。

マインドマップ

トニー・プザンが考案した、頭の中を絵で整理するアイデア出しの方法です。真ん中にテーマを書いて、そこから放射状に、キーワードを連想してつなげていきます。

脳の思考構造を模しているといわれ、アイデアが出やすくなるとされています。また、発想を広げるためだけでなく、情報をまとめるためにも使用されます。

マネジメント

管理のことです。ネットビジネスは一人で行うことが多いため、主にタイムマネジメント(時間管理)と売上管理が重視されています。販売やマーケティングが「攻め」ならば、マネジメントは「守り」です。

ネットビジネスを進めていくと、教材費やセミナー費、宣伝費が知らないうちにかさんでいくこともあるため、マネジメントを行うことで引き締めることも重要です。

無料レポート

無料で見ることができる(公開している)レポートのことです。ネットビジネスでは主にメルマガ読者を集めるために活用されています。

ブログやSNS で無料レポート請求フォームを設置したり、無料レポートの配布サイトである「無料レポートスタンド」に登録することによって効率的に読者を集めることができます。

メルマガ

メールマガジンの略です。配信用のプログラムやサービスを利用し、メルマガを送っていいと許可を得た人に対して情報提供メールを送ることを指します。

きちんと許可を取っていれば、何百人でも何千、何万人にも送れるのがポイント。ただし、許可を取っていない相手に送るのは法律違反ですので気をつけましょう。

USP

Unique Selling Proposition の略で、「あなただけの独自の売り(特徴)」のことです。ライバルとの違いというとイメージしやすいでしょうか。

これは決して奇抜さのことではなく、「顧客への提案であること」「独自の提案であること」「強力であること」を満たした、お客様に選ばれる理由のことです。USP をしっかりさせることで宣伝や内容に一貫性が出て、魅力的になります。

UU

ユニークユーザーの略です。アクセス数よりもより厳密に「そのサイトに訪れた実際の人数」をカウントしたものです。

ランディングページ(LP)

元々は検索などで相手が一番最初に訪れるページのことですが、ネットビジネスでは1ページの中で伝えるべきことを伝え、サンプルなどの申し込みを促すページのことを指します。

また、ネットビジネスに限らず、web サービスや通販業界などでも広く使われており、今では広告をクリックしたときに出てくるページの大半がLP といっても過言ではありません。ネットビジネス業界では主にメルマガ登録や無料レポート請求などのために使われています。

リスト

ネットビジネスでは「お客様・見込み客の一覧」、具体的には「名前とメールアドレスのセット」のこと<です。ネットビジネスにおける生命線であり、いかにリストを集めるか・リストにメルマガや宣伝を送ったときの反応率を高めるかが最大の課題となります。

リストマーケティング

自分が持っているリストに対し、どんな商品を売るか、どう売るかなどを考えること、またその具体的な行動のことを指します。既に取引をしている顧客やメルマガ読者向けのマーケティングなので、見ず知らずの人に広告を打つよりも高い効果を出すことができます。

レバレッジ

てこの原理のように、少ない投資で大きな利益をあげるための方法です。ネットビジネスの世界ではFX のように純粋に投資額の数百倍の運用を可能にする「お金」のレバレッジと、メルマガなどで効率的な宣伝を行うことで「時間あたりの成果」を大きくするレバレッジ、両方の意味で使われています。

Wordpress

今、世界で標準となっているブログサービスのことです。デザイン性が高く、いろいろな人がテンプレートを提供しており、様々な機能を追加したりカスタマイズすることができるため非常に人気があります。

ブログには見えないようなデザインもできるため、Wordpress で作っている企業のサイトなどもたくさんあります。ただし、自由度が高い分、他のブログサービスに比べると少々操作が難しくなっている点、全世界に広がっている分、セキュリティ攻撃を受けやすい点に注意が必要です。

ワンタイムオファー

商品を買ったり、資料請求をした後に「1回だけ」出てくるページのことです。主に追加の商品やオプションのセールスに活用されており、画面を閉じてしまうと2度と見られないようになっています。今だけのチャンスという形で追加購入の後押しをする効果があります。

まとめ

いかがでしたか? これらの言葉はネットビジネスの基礎知識であり、知っておいて損はありません。人間は知らない言葉を聞くだけで過度の緊張状態になります。言い換えれば、言葉を知っているだけで、安心感が段違いなのです。ぜひ、何度か読み返してみてください。

この記事を書いた人 NBSプロフェッショナルチーム

「NBSプロフェッショナルチーム」とは畑岡宏光監修のネットビジネス精鋭チームです。ありとあらゆるジャンルのネットビジネスのプロから最新の情報を仕入れ、実践し、結果が出たものだけを厳選して、初心者から上級者まで分かりやすく丁寧にあなたにお届けし続けていきます!

同じテーマの記事

購読はこちらから
畑岡BLOG

My Voice

Profile

1971年12月20日、兵庫県神戸市生まれ。
有限会社自由人代表取締役。日本初の情報起業家。
とある政治家のネット戦略のコンサルタント。
伝説のネット起業家養成塾、畑岡塾・塾長。

ビジネスの本質をはずさないことを信条としており転売・アフィリエイト・情報販売・投資、全てにおいて大成功を修める、まさに日本におけるミリオネアメーカー。

MONTHLY ACCESS RANKING

運営事務局NEWS