人の心にグサッと刺さり爆発的に売るためのキャッチコピーをサクサク作るテクニック

ネットビジネスの成功のカギの中で、もっとも重要な要素のひとつが「キャッチコピー」です。一目見たら行動せずにはいられないキャッチコピーさえ作り出せれば、どんな商品でも思いのままに売ることができます。たった一行で数億円を生み出すことさえ可能なのです。

そして、嬉しいことに、ネットビジネスにおけるキャッチコピーに才能は必要ありません。人の心に刺さり、爆発的に売るためのキャッチコピーの作り方は既に方法論が確立されています。今回は「人の心にグサッと刺さり爆発的に売るためのキャッチコピー」のカンタンな作り方を紹介しましょう!

4つのポイントを押さえるだけで爆発的に売れる

チェックリストにチェックを入れている様子

爆発的に売れるキャッチコピーを作るために必要な要素は、たったの4つです。

  1. 今すぐ欲しい人だけを相手にする
  2. 具体的な数字を入れ、良い結果をイメージさせる
  3. 簡単にできる!と思わせる
  4. 一気に盛り込みすぎない

見ての通り、才能や気の効いた言い回し、センスは不要です。CMや雑誌広告、駅の看板ならともかく、ブログやメルマガ、SNSなどで宣伝するなら、大事なのは「行動させること」。行動させるための文章はセンスではなく、テクニックでできているのです。それではひとつずつ見ていきましょう。

1. 今すぐ欲しい人だけを相手にする

箱を手渡ししようとしている男性の写真

キャッチコピーを作るときは、まず最初に相手を選びます。これをターゲット選定といい、これによって選ぶ言葉が変わってきます。そして、あなたが爆発的に売上を上げたいならば、ターゲットとして選ぶべき人はたった一人です。それは「今すぐあなたの商品を必要としている人」、言い換えれば「今すぐ問題を解決したい人」です。

例えば、あなたが売っているものが2週間でやせられるエクササイズDVDだったとしましょう。どちらをターゲットにしたら売上が伸びると思いますか?

  • 最近体重が気になってきたから、ちょっとやせたほうがいいかなと思っている女性
  • 2週間後に憧れの先輩と海に行くので、シェイプアップしたい女性

どう考えても後者ですよね。後者は「シェイプアップする方法を知りたい」「2週間以内に絶対にやせたい」という、強い欲求を初めから持っています。この欲求をくすぐるようなキャッチコピーを作るのです。

もし、後者の女性が「たった2週間で自分の水着姿に自信が持てる! 自宅で簡単、メリハリグラマラスボディを手に入れるエクササイズDVD」なんてキャッチコピーを見つけたら、迷いなく購入すると思いませんか? あなたの商品を今すぐ欲しい人が誰なのかを考え抜き、その人に向けて書く。これが鉄則です。

2. 具体的な数字を入れ、イメージさせる

統計グラフのイメージ画像

1でターゲットを決めたら、次は「どういう言葉をかけたら、ターゲットが買わずにいられなくなるか」を考えます。そのときにポイントとなるのが「具体性」。あなたの商品を使うことでターゲットがどんな素敵な未来を手に入れられるかをリアルにイメージさせるのです。

このときに使えるのが「数字」です。数字は非常に分かりやすく、かつイメージしやすいものです。先ほどのエクササイズDVDのキャッチコピーに数字をつけたしてみましょう。「たった2週間でウエスト3センチ減! 自宅で簡単、1日10分でメリハリ水着ボディを手に入れるエクササイズDVD」…ウエストが気になっている女性なら、思わず買いたくなると思いませんか?

このキャッチコピーには「結果」と「そのためにやるべきこと」の両方に数字を入れています。両方に数字を入れることにより、結果が出るまでの道のりもイメージできるようになるのです。特にインパクトが出やすい数字は次の4つです。

  • 期間(○○日でできたなど)
  • 人数(成功人数○○名など)
  • 時間(1日○分など)
  • 結果(ウエスト○センチ減など)

あなたの商品・サービスで、具体的な数字が出せるものはバンバン数字を入れましょう。なお、数字を使うときは、必ず「具体的な数字」を使ってください。

たまに「約300」のように「約」をつけてキリの良い数字にしたがる人がいますが、これはかえって逆効果です。キャッチコピーにおいては、キリのよい数字はかえって説得力を下げることさえあります。正確な数字が302なら302、298なら298と明確な数字を書きましょう。

3. 簡単にできる! とアピールする

イメージ画像

人間はめんどくさがりでなまけもの。求める結果が得られることでも、大変な苦労はしたくありません。そして、劇的な効果をアピールされると「どれだけ苦労しなければならないんだろう」と想像してしまうクセもあります。特に日本人は自己評価が低いことが多く、「そうは言うけど、私にはとてもできないよ…」と勝手に諦めてしまいかねません。

キャッチコピーの段階で、その疑問を解消してしまいましょう。キーワードは「簡単」「私でもできる」。キャッチコピーの中に、どれぐらいの労力を払えば結果が手に入るのかを入れるのです。先ほどのエクササイズDVDのキャッチコピーには既に「1日10分」が入っていますが、さらに「具体的に何をするのか」を一言加えてみましょう。

「たった2週間でウエスト3センチ減! 1日10分、5つのポーズをするだけでメリハリ水着ボディが手に入る!」…いかがでしょうか? 自分にもできる気がしませんか? 中には、それなりの労力が必要なプログラムやサービスもあるかもしれません。そのときはアフターサポートをアピールするなど、私にも続けられると感じる言葉を入れましょう。

  • facebookグループでいつでも質問OK!
  • 無制限メールサポートつき!
  • 購入者用LINEグループで励ましあえる

こういった言葉を入れると、迷っている人の後押しになります。

4. 内容を盛り込みすぎない

戸棚に並べられた様々な種類のスパイスの瓶

最後のポイントは「盛り込みすぎないこと」です。キャッチコピーで失敗しがちなのが「アピールしたい要素を入れすぎた結果、わけが分からなくなった」というもの。キャッチコピーは確かに商品を購入するかを決める重要なポイントです。しかし、キャッチコピーの情報だけで購入するわけではありません。キャッチコピーと申し込みボタンだけの宣伝ページなんて、見たことありませんよね?

キャッチコピーとは、その商品を使うことで得られる未来を一瞬にしてイメージさせ、今すぐ必要としている人が行動を起こしたくてたまらなくさせるものです。「商品の内容を全て説明する」ものではありません。大抵の場合、キャッチコピーは相手が一番最初に読む文です。そこで興味をかきたて、続きを読みたい、欲しいからもっと知りたいと思わせれば、それで大成功なのです。

まとめ

爆売れするキャッチコピーの作り方、なんとなくつかめてきたでしょうか?

  • 商品を今すぐ欲しいひとのために書く
  • 数字を使い、具体的にイメージさせる
  • 自分にもできると確信させる
  • 心をひきつけることに全力投球する

この4つを押さえれば、あなたのキャッチコピーを読んだ人が雪崩を打つように商品を買うようになるでしょう。ぜひ、活用してみてください。

この記事を書いた人 NBSプロフェッショナルチーム

「NBSプロフェッショナルチーム」とは畑岡宏光監修のネットビジネス精鋭チームです。ありとあらゆるジャンルのネットビジネスのプロから最新の情報を仕入れ、実践し、結果が出たものだけを厳選して、初心者から上級者まで分かりやすく丁寧にあなたにお届けし続けていきます!

同じテーマの記事

購読はこちらから
畑岡BLOG

My Voice

Profile

1971年12月20日、兵庫県神戸市生まれ。
有限会社自由人代表取締役。日本初の情報起業家。
とある政治家のネット戦略のコンサルタント。
伝説のネット起業家養成塾、畑岡塾・塾長。

ビジネスの本質をはずさないことを信条としており転売・アフィリエイト・情報販売・投資、全てにおいて大成功を修める、まさに日本におけるミリオネアメーカー。

MONTHLY ACCESS RANKING

運営事務局NEWS