Instagramで稼ぐ方法3選

SNSの3大巨頭として多くのユーザーを掴んでいるのがFacebook、twiiter、そしてInstagramです。特にInstagramは若者層を中心に右肩上がりでユーザーが増えており、これからもっとも伸びるSNSだと言われています。

人の集まるところ、ビジネスチャンスあり。もちろん、Instagramにも稼ぐ方法、ビジネスチャンスが眠っています。ただ、Facebookやtwitterとは根本的に異なる点も多いため、独特の方法を用いる必要があります。そこで今回はInstagramで稼ぐ方法3選をお伝えしましょう!

Instagramで稼げる人って、どんな人?

紫陽花をスマートフォンで撮影する女性

Instagramで稼げる人は、どんな人なのでしょうか? 誰でも稼げるのでしょうか? 結論から言えば、誰でも稼げるが、好き嫌いは分かれるのがInstagramです。稼ぐにしてもコンテンツを作るにしても、中心は「写真」。そのため、写真を撮るのが苦手だったり、そもそも興味がない人が飛び込むと厳しい面はあります。

Instagramで稼ぐのに向いている人は、本業がカメラマンなど撮影系の仕事の人に加えて、次のような人です。

  • 凝った構図や素敵な景色を撮るのが好きな人
  • 写真加工が好きな人
  • 写真映えするペット(猫やハムスターなど)を飼っている人

特にペットの写真はInstagram内でも非常に人気が高く、稼ぐ足がかりになりやすいといえます。とにかく「写真第一」なのがInstagramなのです。

InsragramではFacebookやtwitterの稼ぎ方は使えない

手でバツをつくる黒子

Instagramで稼ぐには、次の特徴をしっかり把握している必要があります。

  • Instagramでの稼ぎ方と、facebook、twitterでの稼ぎ方は異なる
  • 文章力だけでInsrtagramで稼ぐことはできない
  • 従来のネットビジネスの手法があまり通用しない

SNSという点でひとくくりにされがちなFacebook、twitter、Instagramですが、前2つとInstagramはひとつ、ビジネスにおいて決定的な違いがあるのです。それは、Instagramは投稿にリンクを貼ることができないということ! つまり、Instagramから別のサイトに誘導することができないんですね。

厳密にはURLを書きこむことはできるのですが、リンクが貼られないため、実質意味がないのです。もちろんアフィリエイトリンクを貼ってもリンクされないのでアクセスしてもらえません。このためコピーライティングを駆使してサイトに誘導し、商品を販売するというFacebookやtwitterの手法が使えないのです。

もともと、Instagramは自分が撮った写真を共有して楽しむためのサービス。文章は二の次です。稼ぐ際には、この点をしっかり踏まえておく必要があるのです。

Insragramは「写真」を売って稼げ!

沢山の絵を売っている露店

では、Instagramで稼ぐには、一体何を売ればいいのでしょうか?答えはいたって簡単、「写真」です。Instagramは投稿にリンクを貼れない代わりに、メインコンテンツである写真を販売するためのサービスがあります。このサービスを利用するのがInstagramで稼ぐ早道です。

Instagramは元々が写真共有SNSということもあり、見栄えを良くしたり、セピアにしたり、独特の色合いに変えたりといったフィルタ機能が豊富についています。この機能をフルに活用し、見ている人に写真を買ってもらいましょう!具体的に写真を売って稼ぐ方法には3種類あります。

  1. Instagramに投稿した写真をグッズ化して販売する
  2. 写真そのものをデータ販売する
  3. Instagramでブランディングして本業に繋げる

ひとつずつ解説していきますね!

1. 写真をグッズ化して販売する

ひとつめが、Instagramにアップした写真をスマホカバーやTシャツ、クッションなどのグッズにして販売する方法です。Instagramの写真を使ってのグッズ製作から販売までを代行してくれるアプリがありますので、そのアプリを利用して写真を商品化していきます。制作もアプリ会社が請け負ってくれるので、こちらが在庫を抱えることもないのが嬉しいですね。

具体的には下記のようなアプリがあります。

Instaprints

Instaprintsのトップページ画像

Instagramのアカウントでサインインしたら、あとは商品化したい写真を選ぶだけという非常にシンプルで使いやすいグッズ製作アプリです。作れるグッズの種類もキャンバスアート、額縁入りアート、ポスターといった観賞用アイテムからTシャツ、トートバッグ、シャワーカーテン、iPhoneケースといった実用品まで多種多様です。

Instaprintsはこちら

Twenty20

Twenty20のトップページ画像

こちらもInstaprints同様、Instagramにアップした写真をグッズ化して販売することができます。グッズの種類はInstaprintsの方が多いですが、Twenty20はアプリがあるので、撮ったらその場で商品化することができるのがポイント。また、写真データそのものを販売することもできるので、多種多様な使い道が考えらえますね。

Twenty20はこちら

2. 写真そのものをデータ販売する

ふたつめが「写真そのもののデータを販売する」という方法です。「素人の写真データなんて買ってくれる人いるの?」と思うかもしれませんが、今はあらゆるところで写真が求められている時代。特に猫や犬といったペットの写真は人気も高く、思わぬところでニーズがあったりするものです。

写真データ販売には、先ほど紹介したTwenty20の他、Snapwireというサービスを利用します。

Snapwire

Snapwireのトップページ画像

こちらはInstagramだけでなく、別のカメラで撮った写真なども販売できるサービスです。また、他のサービスにはない大きな特徴が「リクエストシステム」。例えば誰かが「夕焼けの写真が欲しい」「チワワの寝顔の写真が欲しい」というリクエストをしていたら、そのリクエストに沿った写真を投稿できます。リクエスト主が気にいれば、その写真を買ってもらえるというシステムです。

アプリがあるので、撮ってから販売までが非常にスムーズなのも嬉しいところ。リクエストをじっくり見て、リクエストされそうなテーマを見極めて写真を撮るなど、グッズ化よりも戦略的に稼げる可能性が高いと言えるでしょう。

Snapwireはこちら

3. Instagramでブランディングして本業に繋げる

イメージ画像

写真そのものに自信がない人、あくまでも本業を優先したい人にオススメなのがこの方法です。最初の方で「Instagramはリンクが貼れない」という話をしましたが、ひとつだけ例外があります。それがプロフィール欄です。これを活かし、プロフィール欄に自分の売りたい商品のサイトや自分のブログのURLを記しておき、あなたの投稿から興味を持った人がプロフィール欄から本業のサイトにアクセスしてもらうのを狙います。

例えば、ハンドメイドの商品を扱っているなら商品や飾りつけ方を写真に撮って投稿したり、サロンを持っているならサロンの写真を撮ったりと、ある意味でブログに近い使い方ができます。Instagramのユーザー層にマッチする商品を扱っているならば、Instagramとブログを連動させるのも一つの方法です。

この方法は前2つに比べ、正直言って即効性はありません。ただ、長く稼ぎ続けたい、本業のファンを作りたいのであればかなり有効です。実際、Instagramユーザーには写真ではなく文章をメインにしている人もいれば、本業の紹介用と割り切ってInstagramを利用している人もいます。URLこそ貼れないものの、投稿に沿える文章を工夫して、文章でファンを育てていくことは可能なのです。

まとめ

Instagramで稼ぐ方法3選、いかがでしたか? ネットビジネスで定番のFacebook、twitter、ブログ、メルマガに比べ、圧倒的に「写真」の果たす役割が大きいのがInstagramです。これは言い換えれば、文章を書くのが苦手でも稼げるということでもあります。

紹介したサービスを使えば、販売のための宣伝文を作ったり、メルマガ等の仕組みを整える必要もないのです。この手軽さこそ、Instagramで稼ぐ最大のメリットかもしれません。しかも、決してプロ並の腕がなければ稼げないわけではありません。

日常的な風景やひょんな時にペットが見せた表情が大人気になるのが今の時代。楽しんで写真を撮り、楽しんで商品にして、楽しんで稼ぎましょう!

この記事を書いた人 NBSプロフェッショナルチーム

「NBSプロフェッショナルチーム」とは畑岡宏光監修のネットビジネス精鋭チームです。ありとあらゆるジャンルのネットビジネスのプロから最新の情報を仕入れ、実践し、結果が出たものだけを厳選して、初心者から上級者まで分かりやすく丁寧にあなたにお届けし続けていきます!

同じテーマの記事

購読はこちらから
畑岡BLOG

My Voice

Profile

1971年12月20日、兵庫県神戸市生まれ。
有限会社自由人代表取締役。日本初の情報起業家。
とある政治家のネット戦略のコンサルタント。
伝説のネット起業家養成塾、畑岡塾・塾長。

ビジネスの本質をはずさないことを信条としており転売・アフィリエイト・情報販売・投資、全てにおいて大成功を修める、まさに日本におけるミリオネアメーカー。

MONTHLY ACCESS RANKING

運営事務局NEWS