人生を変える「6つの戒め」と「7つの習慣」

あなたは満足のいく人生を送ることができていますか? せっかくの人生を無駄にしているのでは…とお悩みのあなた。ちょっとした心がけで、人生を変えることができるかもしれません。人生を変える「6つの戒め」と「7つの習慣」をチェックしてみましょう。

人生を変える「6つの戒め」

今の人生に不満がある、という人は考え方を変えてみましょう。6つの戒めを紹介しているので、理解・実践できているかチェックしてください。

その1 失敗は悪ではない

あなたは失敗を恐れすぎていませんか? 失敗をすると、周りから非難されるかもしれません。しかし、非難を恐れられるということは、それだけ周りからの期待を感じているとも言えます。

また、「失敗は成功の母」という言葉もあります。失敗を恐れてチャレンジしなければ、成功のチャンスも失ってしまいます。失敗を悪いことととらえすぎないようにしてください。

その2 小さな一歩でも成功と考える

目標に向かって努力する姿勢は大切です。しかし、目標を100%達成できなくても問題ありません。目標に少しでも近づくことに意義があるからです。そのため、普段から目標の半分以上が達成できれば、一定の成功と考えましょう。

いつも完璧を目指す姿勢は、自分だけではなく周囲をも苦しめかねません。完璧主義者であることは望ましいとは言えません。小さな最高に意義を見出すことができれば、人生をより前向きに生きられるのではないでしょうか。

その3 自分のレベルに合わせた目標を設定する

人生において、目標を高く設定しすぎていませんか? 高い理想を持つことは必ずしも悪くありません。しかし、自分のレベルとあまりにもかけ離れていると、努力しようという意欲がなくなってしまいかねません。

目標設定においては、自分のレベルに合わせておくことが大切です。たとえ最終的な目標が大きなものだったとしても、小さな目標もたくさん設定しておいてください。ハードルをひとつひとつ乗り越えていくことで、自分の進歩を実感しやすくなります。

その4 とにかく行動を起こそう

あなたはどのくらい計画を立てていますか? 何も考えずに行動を起こすことには不安を感じるかもしれません。しかし、いくら一生懸命考えたとしても、人生は計画通りには進まないものです。そのため、計画に長々と時間をかけるくらいなら、とにかく行動を起こすようにしましょう。

行動を起こすことによって、新たな考えが浮かんでくるかもしれません。計画を軌道修正しながら進むことができれば、計画倒れに終わるリスクも小さくなります。

その5 誰でも他人に迷惑をかけることはある

人間は互いに支え合って生きています。そのため、時には他人に迷惑をかけることもあるでしょう。もちろん、迷惑をかけてばかりでは困ります。しかし、迷惑をかけること自体は当然なのです。

他人に迷惑をかけてはいけない、と考えているあなた。あなたは他人に迷惑をかけられたことがありませんか。誰しも他人に頼らなくてはいけないときはあります。他人に迷惑をかけることを心理的負担に感じないようにしてください。

その6 自分の行動が他人の幸福につながる、と考えよう

自分がした行動が無意味なように感じているかもしれません。そもそも自分の人生に一体何の意味があるのか、そう思ってしまうこともあるでしょう。しかし、人間の行動は、他人の幸福につながっているのです。

たとえ自分にとってマイナスと思える行動であっても、他人には幸福を与えているかもしれません。自分がとった1つの行動や発言によって、他人の人生を好転させられるかもしれないのです。自分の人生に意義があることを感じ、積極的に行動を起こすようにしましょう。

人生を変える「7つの習慣」

生を変えるためには6つの戒めを踏まえて、具体的な行動をする必要があります。そこで、以下の7つの習慣を身に着けましょう。いずれも簡単に取り組みやすい習慣なので、すぐにでも生活に取り入れてください。

その1 読書をする

人間が生活する環境は限られています。そのため、吸収できる情報はたかが知れていますよね。そこで、定期的に読書をする習慣をつけましょう。何も無理をして難解な書物を読む必要はありません。自分が興味の持てる本を、気軽に読むだけで良いです。

本を読めば、新たな気づきを得るチャンスが広がります。より幅広い視野で人生を楽しむためにも、ぜひ読書を習慣にしてしまいましょう。

その2 体を動かす

人生を楽しく送るためには、健康を保つことが大切です。現代では電子機器が普及したこともあって、運動をしない人が増えています。動かない生活を続けていると、体は不健康になってしまいます。

そこで、定期的に体を動かすように心がけましょう。スポーツは苦手、という人は、簡単なストレッチでも問題ありません。体を動かすことをハードなスポーツととらえず、自分がやりやすい程度で良いので、毎日習慣的に行うようにしてください。

その3 早寝早起きをする

人間の健康には、運動だけでは不十分です。睡眠をしっかりと確保することで、より健康を保ちやすい生活習慣を身につけましょう。睡眠は量だけではなく、質も大切です。休日や昼間に長時間眠っても、良質な睡眠は確保しづらいです。毎日早寝早起きを心がけ、コンスタントに良質な睡眠をとるようにしましょう。

良質な睡眠をとるためには、スムーズに眠りに着けるようにする必要があります。パソコンやスマホの画面を夜間に長時間見ることはできるだけ避けるようにしてください。

その4 必ず朝食を食べる

朝食は1日のスタートを盛り上げてくれます。しっかりと朝食をとることによって、すっきりした目覚めを得ることができます。また、朝食を食べることで血糖値が上がり、午前中の活動を有意義なものにしてくれます。

朝食の準備が大変、という人は、簡単な朝食でも問題ありません。バナナやヨーグルトなど、調理の必要がないメニューを取り入れて、朝食をとりやすい状態を作っておくと良いでしょう。

その5 貯金をする

お金が不足していると、人間は不安になってしまいます。とはいえ、出入りするお金の金額は毎月違います。そこで、貯金を習慣づけることで、お金に対する不安を取り除きましょう。

給料をもらったらすぐに一定の額を別の口座に移すなどすれば、確実に貯金を進めることができます。貯金している、というだけで安心感が得られますし、いざという時には貯まったお金を有効活用できます。

その6 バランスの良い食事をする

忙しいからと言って、いい加減な食事をしていませんか? ただ食べれば良い、というわけではありません。バランスの良い食事を心がけることで、生産性を高めることができます。

具体的なポイントとしては、野菜や果物を積極的に摂取すべきです。なかなか調理に手が回らない、という人は、野菜ジュースなどで手軽に栄養補給しても良いでしょう。

その7 口内を清潔に保つ

歯磨きやデンタルフロスをきちんと行っていますか? 口内を清潔に保つことで、常にフレッシュな気持ちを持ち続けることができます。歯磨きはしていても、フロスはたまにしか…という人もいるでしょう。

フロスは短時間で口内を清潔に保つことができる取り組みです。歯磨きと合わせて習慣化してしまえば、口内の不快感を減らすことができます。すっきりした気持ちになれれば、他人にも高評価を持たれやすくなります。

まとめ

いかがでしたか? 6つの戒めと7つの習慣、いずれも少し意識を変えるだけでできそうな内容ばかりですよね。戒めや習慣は、無理のない範囲で、長く持ち続けることが大切です。より充実した人生を送るためにも、今日から始めてみましょう。

この記事を書いた人 NBSプロフェッショナルチーム

「NBSプロフェッショナルチーム」とは畑岡宏光監修のネットビジネス精鋭チームです。ありとあらゆるジャンルのネットビジネスのプロから最新の情報を仕入れ、実践し、結果が出たものだけを厳選して、初心者から上級者まで分かりやすく丁寧にあなたにお届けし続けていきます!

同じテーマの記事

購読はこちらから
畑岡BLOG

My Voice

Profile

1971年12月20日、兵庫県神戸市生まれ。
有限会社自由人代表取締役。日本初の情報起業家。
とある政治家のネット戦略のコンサルタント。
伝説のネット起業家養成塾、畑岡塾・塾長。

ビジネスの本質をはずさないことを信条としており転売・アフィリエイト・情報販売・投資、全てにおいて大成功を修める、まさに日本におけるミリオネアメーカー。

MONTHLY ACCESS RANKING

運営事務局NEWS